■ カレンダー

2021年10月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

■ カテゴリ

BLOG - 黒人教会


Hallelujah! 緊急告知です!

 

急遽、次回の池ゴスはニューヨーク・ブルックリンからスペシャルゲスト、ティモシー・ライリーさんを招いてのワークショップとなりました!
彼は、Every Praiseで世界的に有名なヘザカイア・ウォーカー師の教会のメンバーであり、優れたミュージシャンでもあります。
素晴しいシンガーであり賛美者であるティモシーから、たっぷりワークショップをしてもらい、楽しみながら学びませんか?!

いつも池ゴスは1000円の参加費をいただいていますが、この日はスペシャルゲストなので2000円の参加費とさせていただきます。

それでもティモシーのワークショップが2000円なんてあり得ないほどお得です!!!

土曜日何をしようか迷っていたそこのあなた!来週6月6日(土)は迷わず池ゴスにいらしてください!
こんなチャンスめったに無いですから、是非友達を誘って来て下さいね♬

 

また同時に、池ゴス初夏のファッション祭りも開催です。詳しくはFBをご覧下さい。

https://www.facebook.com/ikegos?ref=hl

お気に入りのTシャツやアクセサリーでお待ちしています。

 

池ゴススタッフ一同

 

 

 

11118506_1098681493480453_2015829697893682332_n《ティモシー・ライリー Timothy Riley》
ティモシー・ライリーは、世界的に有名なボーカルインストラクター、クワイヤーディレクター、そして賛美者である。
1994年にウィスコンシン大学ホワイトウォーター校でボーカルパフォーマンスと音楽教育を学ぶ。
1999年にニューヨークに移住し、世界的に有名なハーレムのクワイヤーアカデミー「ハーレム少年合唱団」の教師となる。
同年に、ラブフェローシップタバナクル:キングダムチャーチ(牧師=ヘゼカイヤ・ウォーカー師)の教会員となり、世界的に有名なグラミー賞受賞経験のある「ラブフェローシップクルセイドクワイヤー」への参加を認められる。
2000年、友人であり、同僚でもある音楽ディレクター、グレゴリー・ケリー(ヘゼカイヤ・ウォーカー師の曲の作曲者であり、ワークショップ・インストラクター)と、ゴスペルグループ「ブラックゴスペル・シンガーズ」と共に、3年に渡り、ヨーロッパツアーに参加。
2005年から2008年まで、ミニスター・ケリー率いる、ヨーロッパツアーグループ「ザ・ベリー・ベスト・オブ・ブラックゴスペル」に参加。
ニューヨークからドイツに移住し、ハンブルクで「レビティカス・ゴスペルクワイヤー」を設立。2008年に同じくハンブルクで、プロのゴスペルアンサンブル「ゴスペルパワーソウル」を、2009年にユースクワイヤー「チョーズン・ジェネレーション」を結成。
現在はニューヨークに戻り、殿堂入りした伝説のグループ「ゴールデンゲート·カルテット」への参加や、著書「光の書:日常の生活のための祈りと祝福」の出版など、目覚ましい活躍を続けている。

11108848_819580308110826_4837702587228382335_n

ハレルヤ!裕です。
桜の花びらが散ると同時に、関東では雪が舞うほどの寒い日でしたが、皆さん体調崩されていませんか?
暑さ寒さ関係なく、池ゴスはゴスペルを歌い叫び続けています!!

 

 

 

 

 

11078069_819580418110815_4313264480850306435_n

 

2015年春の池ゴスは「Hallelujah You’re Worthy to be praised! 」の力強い宣言からスタートしました。
今回は初参加の方も多く見受けられましたが、挨拶タイムを挟みながら春のゴスペル祭りは熱く盛り上がっていきました。

 

 

 

 

11010615_819583564777167_3033290843232173114_n教会の中がすっかり温まったところで、シンガーズのモエが登場。次に歌う「My Worship Is For Real」という曲をみんなで一緒に歌いたいという思いを、自身の体験を通じて与えられたことを語ってくれました。

彼女も人生の中でたくさん辛かったことがあり、もう駄目だ、と思ったことがあったと言います。
「だけど今こうしてここでゴスペルを歌っている。こうして生きている。そのことを思うと神に歌わずにはいられない!
だからこの気持ちは、この歌のように本物なんだ!」と。そして「どんなことがあってもゴスペルをやめないで歌い続けてください。ハレルヤ!と言えない気分の時でも、その気持ちを貯金していこう!」とみんなを励ましてくれました。
My Worship Is For Real・・・その心からのリアルなメッセージが、会衆の心を鷲掴みにしました。
ゴスペルを歌うことで、多くの人が心の傷が癒され、力を得る体験してると僕は信じています。

 

 

 

11102663_819584468110410_8854425046323660534_n

自己紹介タイムを挟み、いよいよ待ちに待ったワークショップ。

今回はKirk Franklinの1995年のヒット曲「Whatcha Lookin’4」です。
20年前の曲ですが、古さを感じさせないファンキーなリズムを内包したダンスナンバーです。
リズムが重要視される曲なので、歌詞も平たく歌いがちにならずに奥行きを作って歌うようにと美和さんからの指導。

 

 

11006473_819205988159241_7624846551312772224_nまた飛び入りでネイティブイングリッシュスピーカーの方からの発音指導もあり、少しづつ肉付けされていきました。
この曲はリズムにのることも重要なので、ステップの踏み方、ダンスの練習も繰り返されて、場内を踊り歩く練習もしました!
そしていつのまにか、教会の中はまるでダンスパーティーに早変わり!
かつてKirk Franklinが「ダンスクラブになんか行く必要はない!教会に来て踊れば良いんだ!」と言っていた事を美和さんが引用しましたが、事実、彼は当時のメインストリームの音楽であったヒップホップなどストリートカルチャーを取り入れたゴスペルを多く生み出し、沢山の若者を救い、教会にカムバックさせたのです。

 

日本人には難しいリズムの曲ですが、とっつきにくい発音やダンスや振付も、楽しい時間の中で苦手意識も吹っ飛び、いよいよ歌の準備も万端に整ってきました!

 

 

ここで今回ソロのパートを歌う3人から歌詞の説明と自分達の思いが語られました。
創生君は、今でも真夜中に泣くことがある。そしていつも探し求めているのはジーザスであることにに気づく。この曲は自分のことなんだと語りました。
千洋君は、仕事の忙しさなどで愛を忘れがちになり、愛が自分と無関係になってしまうことがある。愛に気づけないこともあるが、愛とは見えているけど見えないものと、語りました。

 

11141327_819584531443737_7635539372672495430_n

 

 

 

10403587_819588268110030_8859798156075552390_n

美和さんは、かつて愛を追い求めて生きてきた。自分は愛されているのか?

自分なんて価値のない人間だと思い続けていたことを、自身の生い立ちから語ってくれました。
そしてゴスペルに出会い、Jesusの愛に出会い、愛とは与えられるだけでなく、与えるものであることも知ったと言っていました。

 

もう恐れも不安もありません!全身全霊でWhatcha Lookin’4!
叫び踊ろう!探し求めているものが何か解るはずだから!いつしか熱気溢れる教会にPraise Breakの嵐が巻き起こりました。踊り!叫び!ハンカチやスカーフ、上着を持って振り回して、もう隣の人の目など気にせず踊りました!

 

 

 

そして嵐は静まり古い聖歌「Yes, Jesus Loves Me」のフレーズが繰り返されました。
「Jesusは私を愛している。Jesusはあなたを愛している。Bibleはそう言ってるよ。」
そうメッセージを残し4月の池ゴスは幕を閉じました・・・。
皆さんは、何を探し求めていますか?

 

2015年3月30日 CATEGORY:ゴスペル, 動画

4月4日池ゴス予告!

imagessすっかり暖かくなり、いよいよサクラも満開ですね。

皆さんお元気ですか?美和です。

今年2回目の池ゴスは、4月4日(土)いつも通り15時からありますので、お時間ある方は是非歌いに来てください!

懐かしいのやりますよ。

 

 

 

さて、ゴスペルもどんどん進化していて、本場アメリカの教会でも色々な新しいタイプのゴスペルが賛美されています。

若い人達がどんどん新しい曲を作り、新しい曲がどんどん生まれているのは本当良いですね。

でも、日本のゴスペル好きの若い人達が知らない、超カッコいい昔の曲もいっぱいあるんだよね!

と言う事で、今回の池ゴスはちょっとだけ時代を逆戻りし、懐かしの90年代ソングをWSしたいと思います。

 

 

images

90’sゴスペルと言えば、そう、今でも活躍していますが、Kirk Franklinが革命的に黒人教会音楽を前進させた一人なのではないでしょうか。

 

そのKirk のナンバーから、なんと今から20年前の曲で(ひえ〜汗)、アルバムタイトル曲、Call and Respons な “Whatcha Lookin’ 4”を歌います。

 

懐かしい〜!と思う、そこのあなた!Come on!

 

 

 

Whatcha Lookin’ 4

https://www.youtube.com/watch?v=1dfUECrJh7M

 

振り付けがあるのも、この曲の特徴です。

 

 

51FdvNCQD8L

この曲は、この時代のユース世代(10〜20代)に向けられた曲で「何を探しているの?何を求めているの?私(Jesus)が君の探している”それ”なんだよ」と言う歌詞が繰り返されますが、有り余るエネルギーを、色々な危険な方向に向けてしまう若者達にとって、ゴスペルを踊って歌う事は救いだったのかもしれません。

 

The  Familyの後ろには当時の若者達がステージ上で、一緒に踊り歌っています。かっこいい〜よ〜。

昔の曲だけど、今のユース達に、そして年齢関係なく皆にじゃんじゃん歌ってほしいね!(と元ユースは思うのでした。)

 

 

下のフルバージョンでそれが観れます。Whatcha Lookin’ 4は一番最後です。

私は持っていますが、Videoはもうとっくに廃盤でしょうか。

 

 

こちらがフルバージョン

https://www.youtube.com/watch?v=JlK9BtuASe8

 

 

images

The  Family の貴重な映像!Tamela Mannとかはまだ旧姓の時代で、今よりふっくらしていて、歌パンチがすごいです。

なんだか話したい事はたくさんですが、とにかく、皆さん歌いましょう!!!!

 

 

 

 

 

他には、Judith McAllisterのHallelujah You’re Worthy To Be Praised や、Vashawn MitchellバージョンのMy Worship Is For Real、歌います。

 

年齢関係なく、探し物(者?)をしている人、とりあえず池ゴス来て、一緒に歌いませんか?

お待ちしています♬

 

 

God bless you!

 

ハレルヤ!
寒い冬も後もう少しで終わり。春が待ち遠しい今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

ゆたかです。

 

 

今年最初の池ゴスは、アメリカで憶えられている「Black History Month(黒人歴史月間)」にちなんで、福生からインターナショナル教会、Faith Christian Fellowship(通称FCF)の皆さんをゲストに招き開催されました!
久しぶりの池ゴスということもあり、会場は2階席まで埋まり期待感で満ち溢れていました。

 

 

1510521_792350477500476_3650955876882733574_nまずオープニングは美和&池ゴスシンガーズにより
「Oh Freedom」が歌われました。
こちらが原曲 Oh Freedom

 

これは黒人霊歌で「かつては奴隷であったが、今は自由になり主(神)のもとへ帰る」という歌詞です。

奴隷の過酷な生活からの解放される歴史と、聖書が持つ「自由になる」というメッセージと重なります。
この曲で会場は挨拶タイムを挟み、お互いハイタッチをしながら、今日への期待を高めていきました。

 

 

1506029_792350564167134_2668677759735556875_nゴスペルミュージックは、奴隷として扱われていた黒人達が血みどろになり叫んだ中から生まれてきた音楽です。

そのため「Black History Month」とはゴスペルのルーツを知ることでもあるのです。
ここで塩谷達也氏製作の音楽を通したゴスペルの歴史を簡素にまとめたDVDを観賞し、改めて理解を深めました。

 

 

またこの池ゴス公式HPにもゴスペルの歴史について記載されていますので、こちらものぞいてみて下さい。

 

 

いよいよFaith Christian Felloshipの皆さんの登場です!

 

 

10991364_792353060833551_3888167898031236914_nまずはPraise & Worship Team!!

Praise & Worship Teamとは礼拝で歌により会衆を神様の方に目を向かせ、礼拝へと導びく音楽奉仕者のこと。

リードのミニスターBeniさんの「共に神様を賛美しましょう!」という日本語による掛け声と共に「High And Lifted Up」で会場はヒートアップ。喜びで満ち溢れ、その喜びを表現するのに日本人だからとか黒人だから・・そんなこだわりはどうでも良くなります。
「Because Who You Are」の心からの賛美でBeniさんは「神を讃えるときはみな兄弟」と日本語で語っていました。

 

 

10381986_792353434166847_232104670480933394_n
「神様は同じやり方はしない。様々な賜物をそれぞれの人に与える。
これからの時間は歌だけでなく様々な方法で神様を賛美します。」
という説明がされ、ダンスチームの登場です!!

 

 

 

 

写真

 

 

アメリカの教会ではお馴染みのプレイズダンスです。

「I was created to make Your praise glorious(私は神を賛美するために造られた)」と歌われる「Glorious」の世界を踊りによって表現してくれました。

 

 

 

DSCF6479_4

 

 

次はミニスターJoeさんによるラップでの賛美。
アメリカの教会で若者達がラップで神様を語るというのは一般的になってきていますが、日本ではなかなか見る機会が少ないので今回は貴重な時間でした。
Joeさんの言葉一つ一つにFaith Christian Felloshipのメンバー達から割れんばかしの拍手と熱い声援が送られていました。

 

 

 

 

 

10957672_792353510833506_6781513280227022429_n

続いてはゴスペルマイムの登場。

神様への賛美を動きによって表現する方法です。
顔を白く塗るのは自分の中の様々な感情を
真っ白にしてただ神様への思いだけを伝えるという意思表示だと言います。
日本ではなかなか知られていないゴスペルマイムですが、その全身を使った動きから神様の愛がほとばしっていき、会場の人々も初めて観るマイムの動きに吸い込まれていき感動の涙を流していました。

 

 

 

10985586_792353737500150_6683404332422923222_n

そしてワークショップの時間。今回の曲は「Freedom」
こちらが原曲  Freedom
歌だけでなく、手を叩き、ジャンプし、まわって、シャウトする。色々な方法で自由に神に賛美し、ゴスペルを体感する曲です。
歌詞にあるように「足かせもいらない、鎖もいらない、束縛もいらない」そんな自由はどこから来るのか?美和さんはかつては生きる力がない人生を送っていたが、ゴスペルを通してジーザスに出会い、本当の自由を得て、今ではみんなを励ましたいという側に変えられたと語りました。そして、「もし自由を感じていない人は求めましょう!隣の人を忘れて、ただ歌ってください!自由になってください!」と呼びかけました。

 

 

 

 

10386740_792353947500129_780790597009973254_nまさにリミッターを振り切った「Freedom」の賛美に続き、FCFの牧師であり、牧師夫人でもあるPastor Marishawn Anderson によるメッセージタイムです。
聖書のルカの福音書4章18~19節から「Good News」をテーマに語られました。
「Good News」つまり私達にとって「良い知らせ」は、私達を元気にしてくれます。
ジーザスはこの世に自由を与える!という「Good News」を携えてこの世に来られました。
暗いことがあっても最後には光がある。苦しい問題は決して続かない、今日は泣いていても明日は笑顔になれる。恐れを持って歩かなくても良いことを教えてくれるのが「Good News」。
そして、彼女自身が2回流産をし、絶望の中、部屋においてあるゆりかごを前にジーザスに向かって祈ったと言う経験を話してくれました。祈って間もなく、車をドライブ中に車の中でジーザスに出会い、言葉では説明できない喜びで満たされ、大丈夫なんだという安心感で一杯になり、そしてどんな状況に置かれても、ジーザスに信頼を置こう、と言う揺るぎない希望が与えられたそうです。その後、彼女は3人の子供が与えられました。
今ここにいる人も大変な状況の中にあったとしても、必ず神様が共にいてくれて平安と喜び、愛と守りを与えてくれる。
ゴスペルを歌う時、涙が溢れるのはそれが『Good News』だから、神の言葉だから・・・。
神のことばは種であり、それはいつか芽を出す。ゴスペルを歌うことでその種は植えられていく、と語り教えてくれました。

 

 

写真
日本人、アメリカ人、アフリカ人、フィリピン人、人種の垣根なく神様を賛美するお祭りとなった2月の池ゴスでしたが、多くの人が、それぞれの足かせを外し、自由になれたのではないでしょうか。
そしてこの日語られた「Good News」の種はみんなの心に植えられたのではないかな・・・と私は信じています。

 

 

次回は4月ですね!
みなさんまた元気な姿でお会いできるのを楽しみにしています。
God Bless You!!

 

Praise the Lord!

大分遅くなりましたが、2015年、明けましておめでとうございます!
昨年は3回だけの開催でしたが、今年は2、4、6、8、10月の5回開催を予定しています。
どうぞ今からカレンダーにマークして、是非歌いに来てくださいね!
black-history-month

 

さて、2015年最初の2月の池ゴスは、毎年恒例のBlack History Month Specialと言うことでスペシャルゲストを迎えます。

 

Black History Month、 日本語では黒人歴史月間ですが、これについては、また来週このブログにて記事をあげたいと思います。

 

 

 

 

今年は、福生のFaith Christian Fellowship(通称FCF)からPastor LaMont & Marishawn Anderson 夫妻とChurch memberの皆さんです!!!!

 

 

flashbox_mock1

 

 

http://www.fcfjapan.org

 

 

歌あり、ダンスあり、Rapあり、Message とPrayerもありと、まさに現代のBlack ChurchそのものをFCFメンバーに導いてもらう予定です。

もちろん通常通り、ショートワークショップも予定しています。

 

では皆さん、2月7日(土)15:00 からです♬お会いしましょう!

Let’s praise the Lord together!

Don’t miss it!

God bless you!

 

Miwa

1 2 3 4 5