■ カレンダー

2021年12月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

■ カテゴリ

BLOG - kirk franklin


11108848_819580308110826_4837702587228382335_n

ハレルヤ!裕です。
桜の花びらが散ると同時に、関東では雪が舞うほどの寒い日でしたが、皆さん体調崩されていませんか?
暑さ寒さ関係なく、池ゴスはゴスペルを歌い叫び続けています!!

 

 

 

 

 

11078069_819580418110815_4313264480850306435_n

 

2015年春の池ゴスは「Hallelujah You’re Worthy to be praised! 」の力強い宣言からスタートしました。
今回は初参加の方も多く見受けられましたが、挨拶タイムを挟みながら春のゴスペル祭りは熱く盛り上がっていきました。

 

 

 

 

11010615_819583564777167_3033290843232173114_n教会の中がすっかり温まったところで、シンガーズのモエが登場。次に歌う「My Worship Is For Real」という曲をみんなで一緒に歌いたいという思いを、自身の体験を通じて与えられたことを語ってくれました。

彼女も人生の中でたくさん辛かったことがあり、もう駄目だ、と思ったことがあったと言います。
「だけど今こうしてここでゴスペルを歌っている。こうして生きている。そのことを思うと神に歌わずにはいられない!
だからこの気持ちは、この歌のように本物なんだ!」と。そして「どんなことがあってもゴスペルをやめないで歌い続けてください。ハレルヤ!と言えない気分の時でも、その気持ちを貯金していこう!」とみんなを励ましてくれました。
My Worship Is For Real・・・その心からのリアルなメッセージが、会衆の心を鷲掴みにしました。
ゴスペルを歌うことで、多くの人が心の傷が癒され、力を得る体験してると僕は信じています。

 

 

 

11102663_819584468110410_8854425046323660534_n

自己紹介タイムを挟み、いよいよ待ちに待ったワークショップ。

今回はKirk Franklinの1995年のヒット曲「Whatcha Lookin’4」です。
20年前の曲ですが、古さを感じさせないファンキーなリズムを内包したダンスナンバーです。
リズムが重要視される曲なので、歌詞も平たく歌いがちにならずに奥行きを作って歌うようにと美和さんからの指導。

 

 

11006473_819205988159241_7624846551312772224_nまた飛び入りでネイティブイングリッシュスピーカーの方からの発音指導もあり、少しづつ肉付けされていきました。
この曲はリズムにのることも重要なので、ステップの踏み方、ダンスの練習も繰り返されて、場内を踊り歩く練習もしました!
そしていつのまにか、教会の中はまるでダンスパーティーに早変わり!
かつてKirk Franklinが「ダンスクラブになんか行く必要はない!教会に来て踊れば良いんだ!」と言っていた事を美和さんが引用しましたが、事実、彼は当時のメインストリームの音楽であったヒップホップなどストリートカルチャーを取り入れたゴスペルを多く生み出し、沢山の若者を救い、教会にカムバックさせたのです。

 

日本人には難しいリズムの曲ですが、とっつきにくい発音やダンスや振付も、楽しい時間の中で苦手意識も吹っ飛び、いよいよ歌の準備も万端に整ってきました!

 

 

ここで今回ソロのパートを歌う3人から歌詞の説明と自分達の思いが語られました。
創生君は、今でも真夜中に泣くことがある。そしていつも探し求めているのはジーザスであることにに気づく。この曲は自分のことなんだと語りました。
千洋君は、仕事の忙しさなどで愛を忘れがちになり、愛が自分と無関係になってしまうことがある。愛に気づけないこともあるが、愛とは見えているけど見えないものと、語りました。

 

11141327_819584531443737_7635539372672495430_n

 

 

 

10403587_819588268110030_8859798156075552390_n

美和さんは、かつて愛を追い求めて生きてきた。自分は愛されているのか?

自分なんて価値のない人間だと思い続けていたことを、自身の生い立ちから語ってくれました。
そしてゴスペルに出会い、Jesusの愛に出会い、愛とは与えられるだけでなく、与えるものであることも知ったと言っていました。

 

もう恐れも不安もありません!全身全霊でWhatcha Lookin’4!
叫び踊ろう!探し求めているものが何か解るはずだから!いつしか熱気溢れる教会にPraise Breakの嵐が巻き起こりました。踊り!叫び!ハンカチやスカーフ、上着を持って振り回して、もう隣の人の目など気にせず踊りました!

 

 

 

そして嵐は静まり古い聖歌「Yes, Jesus Loves Me」のフレーズが繰り返されました。
「Jesusは私を愛している。Jesusはあなたを愛している。Bibleはそう言ってるよ。」
そうメッセージを残し4月の池ゴスは幕を閉じました・・・。
皆さんは、何を探し求めていますか?

 

2015年3月30日 CATEGORY:ゴスペル, 動画

4月4日池ゴス予告!

imagessすっかり暖かくなり、いよいよサクラも満開ですね。

皆さんお元気ですか?美和です。

今年2回目の池ゴスは、4月4日(土)いつも通り15時からありますので、お時間ある方は是非歌いに来てください!

懐かしいのやりますよ。

 

 

 

さて、ゴスペルもどんどん進化していて、本場アメリカの教会でも色々な新しいタイプのゴスペルが賛美されています。

若い人達がどんどん新しい曲を作り、新しい曲がどんどん生まれているのは本当良いですね。

でも、日本のゴスペル好きの若い人達が知らない、超カッコいい昔の曲もいっぱいあるんだよね!

と言う事で、今回の池ゴスはちょっとだけ時代を逆戻りし、懐かしの90年代ソングをWSしたいと思います。

 

 

images

90’sゴスペルと言えば、そう、今でも活躍していますが、Kirk Franklinが革命的に黒人教会音楽を前進させた一人なのではないでしょうか。

 

そのKirk のナンバーから、なんと今から20年前の曲で(ひえ〜汗)、アルバムタイトル曲、Call and Respons な “Whatcha Lookin’ 4”を歌います。

 

懐かしい〜!と思う、そこのあなた!Come on!

 

 

 

Whatcha Lookin’ 4

https://www.youtube.com/watch?v=1dfUECrJh7M

 

振り付けがあるのも、この曲の特徴です。

 

 

51FdvNCQD8L

この曲は、この時代のユース世代(10〜20代)に向けられた曲で「何を探しているの?何を求めているの?私(Jesus)が君の探している”それ”なんだよ」と言う歌詞が繰り返されますが、有り余るエネルギーを、色々な危険な方向に向けてしまう若者達にとって、ゴスペルを踊って歌う事は救いだったのかもしれません。

 

The  Familyの後ろには当時の若者達がステージ上で、一緒に踊り歌っています。かっこいい〜よ〜。

昔の曲だけど、今のユース達に、そして年齢関係なく皆にじゃんじゃん歌ってほしいね!(と元ユースは思うのでした。)

 

 

下のフルバージョンでそれが観れます。Whatcha Lookin’ 4は一番最後です。

私は持っていますが、Videoはもうとっくに廃盤でしょうか。

 

 

こちらがフルバージョン

https://www.youtube.com/watch?v=JlK9BtuASe8

 

 

images

The  Family の貴重な映像!Tamela Mannとかはまだ旧姓の時代で、今よりふっくらしていて、歌パンチがすごいです。

なんだか話したい事はたくさんですが、とにかく、皆さん歌いましょう!!!!

 

 

 

 

 

他には、Judith McAllisterのHallelujah You’re Worthy To Be Praised や、Vashawn MitchellバージョンのMy Worship Is For Real、歌います。

 

年齢関係なく、探し物(者?)をしている人、とりあえず池ゴス来て、一緒に歌いませんか?

お待ちしています♬

 

 

God bless you!