■ カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

■ カテゴリ

BLOG - ゴスペル


Hallelujah!

4月の池ゴスはレギュラー池ゴスでが、Messenger / Special performanceでRev. Taisukeが来てくれます!

いつもよりもさらにディーブで熱い池ゴスになること間違いなし!

一緒にオールドスクールのゴスペルをシャウトしましょう!

 

 

〜Rev.Taisuke Usui (臼井泰輔)プロフィール〜

 

23897657_10215093269515452_607088854_n

新潟出身。ゴスペルシンガー・指揮者・ライトハウス・バプティスト教会主任牧師。
1994年からブルースシンガーとしてプロ活動開始。1999年ニューヨーク、ハーレムでゴスペル音楽に出会う。2003年ニューオリンズに移住。ゴスペル指揮者、シンガーとして黒人教会で活動をするかたわら、地元ミュージシャン、グラミー受賞者ともステージを共にする。音楽家としては南部のルーツ音楽にこだわった独自の音楽性は日本国内、アメリカでも定評があり、過去に4枚のアルバムを発表他、サウンド・オブ・ブラックネッスのアルバムにも参加。またLegendary Lighthouse singers, Lee Williams, Gospel Four, Zion Harmonizersといった多くのゴスペルシ-ンのグラミー・ステラ賞アーティストとの交友、共演他、New Orleans Jazz Heritage, Voodoo Festivalといった数十万人規模の音楽フェスティバルにも出演。


ハレルヤ!2018年前半の池ゴススケジュールが決まりました。来年前半は盛りだくさんです(^0^)

2月3日 10周年記念スペシャル池ゴス
3月3日 池ゴスクワイアfor JGCF
4月7日 レギュラー池ゴス

5月5日 ブッチヘイワード師 ワークショップ
6月2日 レギュラー池ゴス

23559740_1533565393378977_7062189396458932163_n

特に2月は池ゴス10周年記念で旧シンガーズのメンバーと共にこの10年間の感謝を込めて賛美を爆発させたいと思います。どんなことになるのか、今から楽しみです!

また詳細は近くなったら告知いたしますので、ぜひ予定を空けておいてくださいね!


ハレルヤ! 池ゴスもあと1週間に迫ってきました♪
今年最後の池ゴスをより楽しんでもらうために、今更ながら(笑)バンドメンバーの紹介をしてみたいと思います♪( ´θ`)ぱちぱちぱち

さらに今回はスーパーベーシスト、堀井慶一くんもお呼びしています!竜ちゃんとのWベースも個人的にはとても楽しみです

 

 

—————池ゴスBand————–

 

 

IMG_8084

山本裕太(Keybord)

神戸市出身。幼少の頃より音楽を始め、20歳のときにブラックゴスペルと出会う。
在日米軍キャンプ座間ハウジングエリア内黒人教会礼拝キーボーディスト、Good Shepherd Church of God in Christ(COGIC)契約キーボーディストを経て2015年1月よりFaith Christian Fellowship Worship Center(Fussa Tokyo Japan)契約キーボーディスト。
国内外多数のゴスペルシンガー、クワイア、イベントのキーボーディストも務める。
ブラックゴスペルを軸にジャンルにとらわれない演奏スタイルで様々な活動を展開中。

 

 

 

 

 

 

IMG_8082

 

下久保昌紀(Drums)

10代でLAに渡米。世界各国のミュージシャンとセッションを重ね、様々なLIVE、Recordingなどに参加。
現在はFunk、Gospel、R&B、Soulシーンを中心に活動し、自身がリーダーを務めるFunk Band”Stanky Booty”をはじめ”前田サラBand”Elena Kato Band”"Yellow Black Music”などのドラマーも務め、常にone&onlyを目指し、有力ミュージシャンとともに精力的に演奏活動を続けている。

 

 

 

 

 

 

IMG_8083

牧野竜之介(Bass)

2015年にカリフォルニアゴスペルツアーにベーシストとして参加。
2015年、2016年と日本武道館で行われた岸谷五朗主催のAAA(Act Against AIDS)にてミュージカルコーナーのベースを担当。
現在、Destiny Christian Centerの専属ベーシストとして契約。
African、HipHop、Soulなど複数のバンドで活動中。

 

 

 

 

————–Special guest————-

 

 

photo

堀井慶一(Bass)
クリスチャンの音楽一家で育ち、8歳の頃より教会でエレキベースの演奏を始める。
17歳でバークリー音楽大学の奨学金のテストに合格、当時で最高金額を取得。その後渡米せず甲陽音楽院 神戸校へ入学。在学中受けたオーディションで見事合格し「熱帯Jazz楽団」と共演、プロミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせ拠点を東京に移す。
人気アーティスト達のLIVEツアーに参加するなど、国内外問わず幅広くバンドを支えている。
その抜群の安定したプレイは唯一無二である。

9/2(土)14時から池袋の中央福音教会にてお待ちしてます(*゚▽゚*)


ハレルヤ!次回の池ゴスは9/2(土)14時からスタートします

そして嬉しいニュース!今回は斎藤直江さん率いるRadiant Mass Choirのみなさんが特別賛美をしに来てくれますよー

 

 

20664627_1438243396244511_5160017312165401432_n

<齋藤直江>
Gospel Director、Singer Song Writer、Voice Trainer

幼少よりピアノ、クラリネット、声楽を学ぶ。約21年前ゴスペルと出会い、日本のゴスペル界第一人者Ronnie Rucker氏はじめ様々なアーティストから学び、いくつかのグループにてライブ活動、レコーディングに参加。現在、複数のゴスペルクワイアのディレクター、ボイストレーニングの講師を務める。

数年前より曲作りを始め、それと同時にソロシンガーとしての活動をスタート。2015年より各地に出向きコンサートを開催。自身の体験を基にした独特の世界観を持つオリジナル曲とトークは多くの人々の共感を得ている。
コンサートはそんな深い一面と楽しさ溢れる両面で展開される。
2014年1stアルバム「Let There Be Light」をリリース。
2016年夏に2ndアルバム「RADIANT」をリリース。

Official HP http://www.napo.online
Official Blog http://blog.goo.ne.jp/naporing_ring

 

 
20638723_1438243399577844_3245448519169378889_n

<Radiant Mass Choir>

齋藤直江が指導する4つのクワイアが集まった際の総称。
茨城県利根町:Tone Christ Gospel Choir、蒲田:Precious Praise、小岩:Grow Together Choir、日本橋:Nihonbashi Choir。
2014年、2017年にリリースした齋藤直江オリジナルアルバムのレコーディングに参加。その他多数コンサートに出演し、活動の場を広げている。
2017年11月には石巻ツアーを予定。

 

 

 

今年最後の池ゴス、喜び爆発させちゃいましょう!!
お待ちしてます♪


ハレルヤ!
6月の池ゴスは多くの皆さんと思いっきり歌えて、本当に素晴らしい時間でした!感謝です(^0^)

 

IMG_7273

 

 

8月5日のTim&Gregワークショップの最新情報です。
参加申し込みは、以下のリンクからお願いします。

 

 

今年も日本全国で熱いゴスペルをシェアしてくれる彼らは、関東では3カ所(池袋、木場、浦安)でワークショップをしてくれることになりました!

http://gfnk.net/timgregtour.html

 

 

 

 

 

 

 

IMG_72741回の申し込みで、関東の3会場だけでなく、日本全国のワークショップ参加し放題!!

時間と体力が許せば、ぜひ他の会場のWSにも参加してみてください(^_^)

 

 

ご参加をお待ちしてます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1 2 3 4