■ カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

■ カテゴリ

BLOG - ゴスペル


ハレルヤ! 池ゴスもあと1週間に迫ってきました♪
今年最後の池ゴスをより楽しんでもらうために、今更ながら(笑)バンドメンバーの紹介をしてみたいと思います♪( ´θ`)ぱちぱちぱち

さらに今回はスーパーベーシスト、堀井慶一くんもお呼びしています!竜ちゃんとのWベースも個人的にはとても楽しみです

 

 

—————池ゴスBand————–

 

 

IMG_8084

山本裕太(Keybord)

神戸市出身。幼少の頃より音楽を始め、20歳のときにブラックゴスペルと出会う。
在日米軍キャンプ座間ハウジングエリア内黒人教会礼拝キーボーディスト、Good Shepherd Church of God in Christ(COGIC)契約キーボーディストを経て2015年1月よりFaith Christian Fellowship Worship Center(Fussa Tokyo Japan)契約キーボーディスト。
国内外多数のゴスペルシンガー、クワイア、イベントのキーボーディストも務める。
ブラックゴスペルを軸にジャンルにとらわれない演奏スタイルで様々な活動を展開中。

 

 

 

 

 

 

IMG_8082

 

下久保昌紀(Drums)

10代でLAに渡米。世界各国のミュージシャンとセッションを重ね、様々なLIVE、Recordingなどに参加。
現在はFunk、Gospel、R&B、Soulシーンを中心に活動し、自身がリーダーを務めるFunk Band”Stanky Booty”をはじめ”前田サラBand”Elena Kato Band”"Yellow Black Music”などのドラマーも務め、常にone&onlyを目指し、有力ミュージシャンとともに精力的に演奏活動を続けている。

 

 

 

 

 

 

IMG_8083

牧野竜之介(Bass)

2015年にカリフォルニアゴスペルツアーにベーシストとして参加。
2015年、2016年と日本武道館で行われた岸谷五朗主催のAAA(Act Against AIDS)にてミュージカルコーナーのベースを担当。
現在、Destiny Christian Centerの専属ベーシストとして契約。
African、HipHop、Soulなど複数のバンドで活動中。

 

 

 

 

————–Special guest————-

 

 

photo

堀井慶一(Bass)
クリスチャンの音楽一家で育ち、8歳の頃より教会でエレキベースの演奏を始める。
17歳でバークリー音楽大学の奨学金のテストに合格、当時で最高金額を取得。その後渡米せず甲陽音楽院 神戸校へ入学。在学中受けたオーディションで見事合格し「熱帯Jazz楽団」と共演、プロミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせ拠点を東京に移す。
人気アーティスト達のLIVEツアーに参加するなど、国内外問わず幅広くバンドを支えている。
その抜群の安定したプレイは唯一無二である。

9/2(土)14時から池袋の中央福音教会にてお待ちしてます(*゚▽゚*)


ハレルヤ!次回の池ゴスは9/2(土)14時からスタートします

そして嬉しいニュース!今回は斎藤直江さん率いるRadiant Mass Choirのみなさんが特別賛美をしに来てくれますよー

 

 

20664627_1438243396244511_5160017312165401432_n

<齋藤直江>
Gospel Director、Singer Song Writer、Voice Trainer

幼少よりピアノ、クラリネット、声楽を学ぶ。約21年前ゴスペルと出会い、日本のゴスペル界第一人者Ronnie Rucker氏はじめ様々なアーティストから学び、いくつかのグループにてライブ活動、レコーディングに参加。現在、複数のゴスペルクワイアのディレクター、ボイストレーニングの講師を務める。

数年前より曲作りを始め、それと同時にソロシンガーとしての活動をスタート。2015年より各地に出向きコンサートを開催。自身の体験を基にした独特の世界観を持つオリジナル曲とトークは多くの人々の共感を得ている。
コンサートはそんな深い一面と楽しさ溢れる両面で展開される。
2014年1stアルバム「Let There Be Light」をリリース。
2016年夏に2ndアルバム「RADIANT」をリリース。

Official HP http://www.napo.online
Official Blog http://blog.goo.ne.jp/naporing_ring

 

 
20638723_1438243399577844_3245448519169378889_n

<Radiant Mass Choir>

齋藤直江が指導する4つのクワイアが集まった際の総称。
茨城県利根町:Tone Christ Gospel Choir、蒲田:Precious Praise、小岩:Grow Together Choir、日本橋:Nihonbashi Choir。
2014年、2017年にリリースした齋藤直江オリジナルアルバムのレコーディングに参加。その他多数コンサートに出演し、活動の場を広げている。
2017年11月には石巻ツアーを予定。

 

 

 

今年最後の池ゴス、喜び爆発させちゃいましょう!!
お待ちしてます♪


ハレルヤ!
6月の池ゴスは多くの皆さんと思いっきり歌えて、本当に素晴らしい時間でした!感謝です(^0^)

 

IMG_7273

 

 

8月5日のTim&Gregワークショップの最新情報です。
参加申し込みは、以下のリンクからお願いします。

 

 

今年も日本全国で熱いゴスペルをシェアしてくれる彼らは、関東では3カ所(池袋、木場、浦安)でワークショップをしてくれることになりました!

http://gfnk.net/timgregtour.html

 

 

 

 

 

 

 

IMG_72741回の申し込みで、関東の3会場だけでなく、日本全国のワークショップ参加し放題!!

時間と体力が許せば、ぜひ他の会場のWSにも参加してみてください(^_^)

 

 

ご参加をお待ちしてます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Hallelujah!

5月に突入したGW前半、皆さんいかがお過ごしですか?

6月、7月の池ゴスはまた素晴らしい企画を用意しています!

 

まず6月4日池ゴスは、東北支援ワークショップです。

今月から、福島県いわき市で6月25日(土)に行われるコンサート「いわきゴスペルフェスティバル2016」に向けて、定期的にワークショップが開催されます。

福島、北関東の皆様、もし時間があれば是非参加してくださーい!

キッズゴスペルもありますよ〜♪

 

詳細はこちら↓

https://ja-jp.facebook.com/IWAKIgospelfestival

 

 

13076609_1061523680572505_7982060271687551492_n

 

6月4日(土)は私は池ゴスがあるため東京に残りましたが、同じ日に達也がいわきに行ってワークショップをします。

なので、これは池ゴスでもいわきのためにやるしかない!!!

ということで、6月の池ゴスは、for「いわきゴスペルフェスティバル」スペシャル。

同じ日同じ時間に、いわきでワークショップされる3曲をメインにワークショップしていきます!

曲は

Every praise

Make us one

I shall not be moved

 

そしてなんと!いわきワークショップの講師でもある、葛葉美奈子さん、高橋篤さんもこの日、池ゴスにゲストとしてワークショップしにくてくれますよー!

 

池ゴスで曲を憶えて、皆さんも「いわきゴスペルフェスティバル2016」に行きませんか?

私ももちろん行きますし、池ゴスシンガーズからも何人か応援に行く予定です。

こちらがコンサートチラシ↓

 

12983974_1055669607824579_665509118823923075_o

 

もちろん行けない方も、6月4日に池ゴスで東京から応援をおくり、賛美を一緒に歌いましょう!

皆さんの参加費の一部はいわきに献金させいただきますので、是非是非参加してください。

 

またこの日は、特別に「熊本地震」被害のために基金ボックスを用意して募りますので、よろしければこちらもご協力お願いします!

 

皆さん6月4日(土)は、福島いわきに14時集合!
もしくは池袋に15時!ですね。
お待ちしています♪

 

7月の特別企画はGW明けに告知します♪

God bless you!

Miwa


 

Black History Month_rotatorハレルヤ!ゆたかで

す。毎日寒い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今年初めての池ゴスが開催されました。毎年恒例の2月特別企画はBlack History Monthです。

本国アメリカでは、2月は、奴隷時代から公民権運動など過酷な歴史を辿ってきたアフロアメリカンの歴史を振り返る月として、アメリカ黒人コミュニティーや教会などで、様々なイベントやコンサートが開催され特別に祝われています。

 

ブラックゴスペルのルーツであるアフロアメリカンのカルチャーに敬意を払う意味を込めて、毎年池ゴスでもBlack History Monthをゲストを呼び盛大に開催させて頂いております。今回はDestiny Christian Center(通称DCC)からPastor Jeff & Kim Little牧師夫妻とChurch memberの皆さんに来て頂きました。

 

 

 

miwa1

まずはゴスペルの歴史の映像からオープニング。そしてシンガーズが登場して「Come Thou Almighty King」を歌いました。ゴスペルの主人公である全能の王の名前をフルパワーで呼び求める曲です。ゴスペルには本当に力があります。神様の名前を叫び呼び求めるとき私達は癒され前へ進む勇気を与えられます。続くお祈りの中ではゴスペルを日本人に与えてくれてありがとう、この楽しみの向こう側には私達の人生を変える愛があります。と語られました。僕も本当にそう思います。ゴスペルに出会い人生を素晴らしいものへと変えられた人達をたくさん目撃すると神様がリアルに存在するものだと認めざる負えません。

 

 

 

vincento2 会場もすっかり出来上がったところで、いよいよ本日のゲストであるDCCのみなさんの登場です。まずはPraise&Worshipチームの登場「こんにちは。元気?」の挨拶からワークショップタイムとなりましたワーシップリーダーは日本のゴスペルスクールでも講師を務めるBro.Vincent。

1曲目は「Freedom」。近年、アメリカのゴスペル界でヒットして若い世代を中心にお馴染みとなっている曲です。縦ノリの躍動感あふれる曲で「No more shackles, no more chains  No more bondage I am free 」とゴスペルのテーマでもある「自由」が高らかに宣言される。

 

 

 

vincento1

2曲目は日本のゴスペルファンにもお馴染みの「You Are Good」。ワークショップは必要なし。会場が一体となって賛美の渦に包まれて行きました。

そして「神は素晴らしい!私達一人一人を愛してくれます。神の為に歌う事は喜びです。 私はこの歌で神様への愛、感謝を表します。」とBro.Vincentoの神への熱い思いが語られ、3曲目の「The Sound Of Worship」のイントロとともに会場もワーシップタイムへと導かれていきました。

最後は賛美し尽くせない、賛美し足りない思いをぶつけるかのように「ハレルヤ!」を連呼、コール&レスポンスの嵐が続きました。

すっかり黒人教会と化しここが池袋であることを忘れてしまうような体験をしました。

 

 

praise dance

本場のゴスペル賛美によりすっかり温まったところで、次に登場したのはDCCのプレイズダンスのチームです!プレイズダンスとはその名の通りダンスによって神を賛美することです。アメリカの黒人教会ではお馴染みの文化であり、曲によって色々な振付も生まれています。

Juanita Bynumの曲に合わせて流暢に流れるようなダンス。2人の動きに魅了され静けさすら漂っていました。

実際に歌う以上に心に迫るプレイズダンスを初めて見る方も多かったことと思います。ゴスペルは歌うだけではなく色々な表現方法があるのです。

 

 

12687917_960912303977625_97617858038406474_n

 

続いてはDCCの牧師であるPastor Jeff から聖書のメッセージが語られました。ゴスペル音楽はほとんどが聖書のメッセージから語られたものであり芯となるものであります。本日は「Who Do You Say I Am?」(あなたがたは私を誰と言うか?)というタイトルで語られました。

 

 

 

まずはPastor Jeff から質問が投げかけられました。「マイケル・ジャクソンは知っている?ビヨンセは?マイケル・ジョーダンは?鈴木一朗は?」「私はバラク・オバマだ。信じるかどうかはあなた次第」とジョークも交えながら、聖書のマタイの福音書16章13~15節の箇所を読み合わせメッセージが語られました。

 

PASTOR JEFF

 

 

「Who Do You Say I Am?」という質問はイエス・キリストも弟子たちに問いかけた質問です。すでに様々な奇跡を見ていた弟子たちは洗礼者ヨハネや預言者エリアの名前を答えました。実は16節で「あなたはメシア、生ける神の子です」と弟子のペテロが答える場面に繋がるのですが、Pastor Jeffは2000年前の人物のほとんどは忘れ去られているが、イエス・キリストは現在においても人々に影響を与えている。これ以上の力強い名前は無いと宣言し、「みなさんイエス・キリストはどうゆうお方だと思いますか?」という問いかけを残して説教を終えました。

 

ike2

 

恒例のBlack History Monthの企画も今年も盛大に祝いました。最後は全てを感謝し祈りに続き「Amen」を高らかに賛美し幕を閉じました。アフロ・アメリカンの魂の根本にあるゴスペルミュージックという文化。不思議な導きによりこの日本でもたくさんのゴスペルグループが作られ、本場アメリカと同じように賛美されて多くの人に希望を与えています。ゴスペル音楽のおかげでどん底から立ち直り人生が変えられた人達をたくさん知っています。ゴスペル音楽が生活の中心となっている人達もたくさんいます。ゴスペル音楽には他の音楽に無い底知れぬパワーを感じます。そのことを思う時、ゴスペル音楽のルーツであるアフロ・アメリカンの歴史や文化に対してリスペクトを抱くことを忘れることはできない、そしてゴスペルに込められているメッセージを忘れるわけにはいかない、そう思いました。

 

次回の池ゴスは4月2日土曜日です!一緒にゴスペルを歌いましょう!

 

 


1 2 3 4