■ カレンダー

2021年10月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

■ カテゴリ

BLOG - winans


2013年12月20日 CATEGORY:動画, , 歌詞

The reason for the season ~ Part 1

201112241800401b0Merry Christmas! 美和です。

クリスマスシーズンを迎えめっきり寒くなりましたが、皆さんいかがお過ごしですか?

さて、今年最後のブログ記事として2回に渡り、クリスマスソングを1曲紹介させてもらい2013年の幕を閉じたいと思います。

 

 

994985_582960615106131_1335230211_n先日の池ゴスでオープニングアクトを飾ってくれたキッズクワイア・リトルブランチの子供達が歌ってくれた「牧人ひつじを」です。

 

こちらがその時の映像 ↓

http://www.youtube.com/watch?v=ZVKIA-HIm_c&feature=youtu.be 

 

愛らしいですねー。

 

 

 

20080117193839この「牧人ひつじを」は、日本の賛美歌集でのタイトルで、原題は「The First Noel」です。The Firstは英語ですが、Noelはフランス語で「クリスマス」と言う意味。もともとはラテン語の「誕生」が語源になります。なので「最初のクリスマス」と言う題名になります。

ちなみに、聖歌集でのタイトルは「ノエルをばはじめに」となっていますので、聖歌の題名の方が原題に近いです。しかし聖歌は言葉が古く、とても味わい深い歌詞なのですが、現代人の私達にはちょっと分かりにくいかもしれません。

 

 

 

 

090120hatphotographedまずは、つい先日12月15日にホワイトハウス前で行われた、ナショナルクリスマスツリー点灯式での、アリサ・フランクリンの最新ほやほやのホットな歌声を紹介します。彼女は「ソウルの女王」と言う異名を持つ、アメリカを代表するソウルシンガーであり、牧師の娘で教会で育ちました。

 

オバマ大統領の就任式でも歌いましたね。

写真はその時のもの→

 

http://www.youtube.com/watch?v=LxdIYpzhVnU

 

アリサは教会出身で、商業音楽の世界に入っていきますが、その後も多くのゴスペルソングを歌っています。

そのゴスペルアルバム、代表作がこちら。「ゴスペルの貴公子」James Clevelandが指揮をとっています。

A00003460

 

このアルバムは後日、再編集されて再発売されますが、曲順が変更されていたり、James Cleveland出番も増え、曲のカットも少なくなっていて断然、完全版がお薦めです。

 

 

 

 

 

話はそれましたが、今回の「The First Noel」では、アリサは2番までしか歌っていませんが、実際には8番まで歌詞があります!

ちょっと長くなりますが、簡単な訳も一緒に歌詞を載せます。

 

 

「The First Noel」

 

images1

The first Nowwel the angel did say
Was to certain poor shepherds in fields as they lay
In fields as they lay, keeping their sheep
on a cold winter’s night that was so deep

 

*
Nowell, Nowell, Nowell, Nowell, Born is the King of Israel

 

天使が告げた最初のクリスマスは、野に寝ていた幾人かの貧しい羊飼いが、寒い冬の夜に羊たちを連れていた時でした。

※クリスマス…クリスマス… クリスマス…クリスマス… イスラエルの王が生まれました

 

2

They looked up and saw a star
Shining in the east beyond them far
And to the earth it gave great light
And so it continued both day and night

 

彼らは空を見上げ星を見ました。その星は東の遠くかなたに輝き、大地に大きな光を与え、昼夜輝き続けました。

 

3

And by the light of that same star

Three wise men came from country far
To seek for a king was their intent
And to follow the star wherever it went

 

その星の光に導かれ、3人の賢者が遠くの国からやってきました。王を探すことを目的とし、その星が導く所どこへでもついて行きました。

 

 

a0067582_9484930

4

This star drew nigh to the northwest
O’er Bethlehem it took it rest
And there it did both stop and stay
Right over the place where Jesus lay

 

星はベツレヘムの北西まで近づくと、そこでとまり、赤子イエスが眠るその上で留まりました。

 

5

Then did they know assuredly
Within the house the King did lie
entered in then for to see,
And found the Babe in poverty

 

そこで賢者たちは、王がいる家(小屋)がはっきりと分かり、王を見る為に中に入り、貧しい環境でうまれた赤ちゃんを見つけたのです

 

6
Then entered in those wise men three
Full reverently upon their knee
and offered there in his presence
Their gold, and myrrh, and frankincense

 

3人の賢者はその場所に入ってうやうやしくひざまずくと、持ってきた贈物である金と没薬と乳香を差し出しました。

 

birth7
Between an ox stall and an ass
This Child truly there born he was

For want of clothing they did him lay

All in the manger, among the hay

 

牛やロバのいる中で、まさに彼こそがお生まれになったその”子”でした。着せる衣服もない状態で、飼い葉桶の中に干し草に包まれて寝ていました。

 

8

Then let us all with one accord
Sing praises to our heavenly Lord
That hath made heaven and earth of naught
And with his blood mankind hath bought

 

さあ、みんなで一緒に歌いましょう。私たちの天にいる主に賛美しましょう。無から天と地を創造し、その血で人々をあがなってくださった主に。

 

 

 

Bebe++Cece+Winans+bebeandcecewinans

ここでもう一本。Be Be & Ce Ce Winans のデュエット映像がこちら。是非歌詞も見ながらどうぞ。

 

http://www.youtube.com/watch?v=dBQlanc6aug 

 

このお二人はゴスペルシンガー一家、Winans Family の兄妹です。息がピッタリですね♪ 下の写真がWinans Family ↓

 

thewinansfamily

 

 

映像では、降誕劇(イエス・キリストが生まれた模様を劇にする)が途中から始まります(4:00辺りです)

そう、「The First Noel」の歌詞が、まさに降誕劇の台本そのものなんですね!

 

 

Part 2につづく