■ カレンダー

2019年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

■ カテゴリ

uma   ハレルヤ!池ゴススタッフ裕です!もう秋ですね!

10月の池ゴスには、朝から大雨にも関わらず多くのゴスペルラヴァー達が駆けつけてくれました。今回は関西や長野からツアーを組んで池ゴスのために参上した愛すべき人達もいたりして、憂鬱な雨もこれから注がれるであろう Shower of Blessing(祝福の雨)の前には吹き飛ばされてしまうかも?そんな期待感に満ちていました。

 

 

まず、古いスタンダードな黒人霊歌「Every Time I Feel Spirits」で幕があけました。7月にTPWのアンドレ 牧師によってシェアされた軽快な2ビートのヴァージョンで、先月もワークショップで歌いましたね。

1384185_551943328207860_2066273334_n

途中で挨拶タイムを挟み、会場はヒートアップしていきました。クラップの音が響き渡りまさにゴスペルフィーリングたっぷりのムードが充満。この東京のど真ん中の教会がアメリカのどこかの黒人教会のような空気に変わっていく瞬間がいつも大好きなんです。

 

 

moe2

 

そして、新曲「Break Every Chain」

Tasha Cobbsというシンガーの曲で今年のゴスペルチャートで大ヒットしている曲です。

萌はこうMCしました。「ゴスペルを歌っているときはいつも絶好調というわけではないのです。精神的に辛い時もあるし体調も悪いときもある。でもゴスペルを歌うと全てのマイナスな感情が変えられていく。心の鎖を断ち切ることができる。そしてそこに大きな愛や力が注がれる。」

そうです。ゴスペルを歌うということは全ての感情を吐き出し、受け止めてもらい、立ち上がっていく力を得ることなんです。だからどんな辛い状況の中でもゴスペルを歌うと、感謝と喜びで心が満たされていくのです。そうです、あなたを立ち止まらせている「心の鎖」をまさに断ち切ること。それかこの曲「Break Every Chain」なんです。

 

 

tashacobbs

 

これが原曲です。

Tasha Cobbs/Break Every Chain

http://www.youtube.com/watch?v=9cgY_04jv7M

 

 

 

 

 

 

 

sousei 今年下半期の課題曲として歌い続けている「Moving Forward」を細かい音の確認をしながら、流れに乗って作り上げていきました。

ソロを歌う創生がこう語ってくれました。仕事や家庭など生活の上でのプレッシャーなどで凄く落ち込み、気分が後ろ向きになってしまうことがある。でもこの曲を覚えてYou Tubeなどに合わせて一人カラオケ状態で歌ったりしているうちに、この曲が実際の生活の中で働きかけてくる体験をしたそうです。朝起きて少しのパーセンテージでも、立ち上がって前へ進もうという気持ちがあればこちらのもの。後ろむきにならずにまっすぐ前に進めば良い!と確信できるようになったそうです。是非!みなさんもこの曲に込められた「Moving Forward」というメッセージを受け取って生活していけたらと思います。

 

 

レインボー そして、「More Like Him」この曲も7月にTPWのアンドレ牧師からシェアして頂いた曲です。この曲はアーバンメロウなムード漂う曲でとってもお洒落。例えるのならば夜の首都高レインボーブリッジ付近をドライブ中、カーステレオから流れるBGMといった感じでしょうか?(笑)

歌詞はひたすら「More Like Him」ジーザスのようになりたい!もっともっとなりたい!と連呼しているだけの曲です。でもそのひたすら連呼するというのがゴスペルの醍醐味!強く何度でも訴えるのです。そうすれば私達の心にその言葉が残るし、人の気持ちに刻み込まれるでしょ?

 

 

 

miwa 「Do you wanna be more like Jesus?!」美和さんの力強い掛け声を合図に最初から通して歌いました。会場全体が「More Like Him」を合言葉に力強く一致していきました。もうこの気持ちは止めることはできません!と言わんばかりにPraise Brakeの始まり、外は雨で傘をさしている方が多かったのですが、会場内では誰もが傘をささず Blessing Shower を浴び続けていました。